2016年10月04日

「ポリフェモス」モーリス・ドニ


'Polyphemus'_by_Maurice_Denis.JPG


モーリス・ドニ(Maurice Denis, 1870年11月25日 - 1943年11月13日)は、フランスの画家、著述家。ナビ派の一員。

ドニは小手先の技術に走るアカデミズムを嫌い、音楽がないからと写実主義も嫌いました。

ドニにとって絵画を描くということは、神性としての美を追求することと同じだったのです。

そのためドニは絵の画面にある色彩の秩序を追求し、図形や柄とモチーフを一体化させることで、平面的な構成の美しさ・装飾性を得ようとしました。


「ポリフェモス」は1907年の作品。

ポリフェモスはギリシア神話に登場する醜い顔を持つ巨人族の一人で、デュッセウスの部下を何人も食い殺した結果、オデュッセウスの差し出すぶどう酒に酔っぱらい、一つ目を焼け杭で潰されるという伝説が残されています。

ただこのドニの作品からはそういった醜悪な顔姿や残酷な場面を感じることはありません。

其処には海水浴を楽しむ平和な日常の一場面が暖かい風景と共に描かれています。

そして、其処には優しい音楽があります。

これこそがドニの目指した調和であり、美であるように思います。




posted by 裸の人 at 23:09 | Comment(0) | モーリス・ドニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする