2013年04月11日

sleeping nude 〜 バルテュス

sleeping-nude.jpg>

バルテュス(Balthus, 本名バルタザール・クロソウスキー・ド・ローラBalthasar Klossowski de Rola:1908年2月29日 - 2001年2月18日)は、フランスの画家。
※本によってはバルチュスと表記することもあるようです。

堅固な構成と繊細な描法で、アドレサン(思春期の少女)を描き続けた画家です。

この「sleeping nude」でも思春期の少女がしどけない姿で眠っている姿が描かれています。衣服を纏っていないにもかかわらず帽子を被っている不思議な状況や、バルテュス独特の模糊とした筆致により、日常に突如として白昼夢が出現したような感覚を味わうことができます。

アドレサン(思春期の少女)を題材にすることについてバルテュスは下記のように語ります。

「少女とは生成の受肉化である。これから何かになろうとしているが、まだなりきってはいない。要するに少女はこのうえなく完璧な美の象徴なのだ。成人した女性がすでに座を占めた存在であるのに対して、思春期の少女[アドレサン]は、まだ自分の居場所を見つけていない。…でも、わたしの作品をエロティックと評するのは馬鹿げている。少女たちは神聖で、厳かで、天使のような存在なのだから。」


「バルテュス」
 [単行本]
 著者:阿部 良雄 (編集), 与謝野 文子 (編集)
 出版:白水社
 発売日:2001/05
「バルテュス、自身を語る」
 [単行本]
 著者:バルテュス (著), アラン・ヴィルコンドレ (著), 鳥取 絹子 (翻訳)
 出版:河出書房新社
 発売日:2011/2/18
「芸術と脳科学の対話―バルテュスとゼキによる本質的なものの探求」
 [単行本]
 著者:バルテュス (著), セミール ゼキ (著), Balthus (原著), Semir Zeki (原著), 桑田 光平 (翻訳)
 出版:青土社
 発売日:2007-05


posted by 裸の人 at 22:33 | Comment(0) | バルテュス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

美しい日々(Les Beaux jours) 〜バルテュス

Les Beaux jours.jpg

バルテュス(Balthus, 本名バルタザール・クロソウスキー・ド・ローラBalthasar Klossowski de Rola:1908年2月29日 - 2001年2月18日)は、フランスの画家。
※本によってはバルチュスと表記することもあるようです。

「美しい日々」は1945年の作品。

まだ大人になりきらない少女が、ソファーの上で寛いでいる姿が描かれています。
ですが、少女の服ははだけ、スカートからは太腿が露わになっています。

鏡を手に持ち、自分の姿をチェックしている少女の顔は、男を挑発的しているようにも、また自分の若さを誇っているようにも見えます。が、その一方で、何の感情も浮かべていないようにも見えます。

日常を描いていると見せながら、そこには非日常が表出しています。

平板な筆使いが、その違和感を増幅しています。

見れば見るほど、不思議な気持ちになります。

バルテュスは絵を描く理由について、下記のように述べています。
「何かを制作しようというきになることは、それを作る理由を発見することでもあります。今日わたしたちは、新しい世界、すべてが機械によって作られている世界にいます。しかし実際のところ、あなたはそこにいて、何かを見、それが何であるかを理解しようとしているのです。画家であるというのはそのようなことなのです。」

いったいバルテュスはこの絵を描いた結果、何を発見したのでしょうか。

「バルテュス」
 [単行本]
 著者:阿部 良雄 (編集), 与謝野 文子 (編集)
 出版:白水社
 発売日:2001/05
「バルテュス、自身を語る」
 [単行本]
 著者:バルテュス (著), アラン・ヴィルコンドレ (著), 鳥取 絹子 (翻訳)
 出版:河出書房新社
 発売日:2011/2/18
「芸術と脳科学の対話―バルテュスとゼキによる本質的なものの探求」
 [単行本]
 著者:バルテュス (著), セミール ゼキ (著), Balthus (原著), Semir Zeki (原著), 桑田 光平 (翻訳)
 出版:青土社
 発売日:2007-05

posted by 裸の人 at 21:41 | Comment(0) | バルテュス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする