2012年06月27日

「パリスの審判」 オーギュスト・ルノワール

パリスの審判 オーギュスト・ルノワール

ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家。日本でも人気の高い画家ですが、晩年に多くの裸婦画を描いたことでも有名です。

「パリスの審判」は1913〜1914年に描かれた作品。

「パリスの審判」はギリシア神話に出てくる一物語で、ルノワールだけではなく、クラナッハ、ルーベンスなど多くの巨匠が好んだ題材です。

---------------------------------------
海の女神テティス(ネレイデスの一人)とプティアの王ペレウスの結婚式には、 全ての神が招かれましたが、不和の女神エリスだけは招待されませんでした。怒ったエリスは宴席に「最も美しい女神にあたえる」と記した黄金の林檎を投げ入れます。

この際に最後まで私がもっとも美しいと主張したのが、ヘーラー(ユノ)・アプロディーテー(ヴィーナス)・アテーナー(ミネルヴァ)の三美神。

仲裁に入ったゼウスは「イリオス王プリアモスの息子で、現在はイデ山で羊飼いをしているパリス(アレクサンドロス)に判定させる」ということを決めました。

そうすると、女神たちはさまざまな約束をしてパリスを買収しようとします。アテーナーは「戦いにおける勝利」を、ヘーラーは「アシアの君主の座」を与えることを申し出ました。しかし、結局「最も美しい女を与える」としたアプロディーテーが勝ちを得ることになります。

「最も美しい女」とはすでにスパルタ王メネラーオスの妻となっていたヘレネーのこと。これが後にイリオス攻め(トロイア戦争)の原因となりました。
---------------------------------------

この絵の中では、ヘーラー・アプロディーテー・アテーナーの三美神がパリスを買収しようとしている様子が描かれています。

肉感に溢れたふくよかな裸体は、良くも悪くも俗世的。タイトルなしにこの絵を見てしまうと、とてもこの女性たちが女神であることは分からないでしょう。

神話の一場面を描いているとは思えないところが、ルーベンスやクラナッハの「パリスの審判」とは異なって、ルノワールらしさを表しているようで、興味深く感じられます。

西洋絵画の巨匠 (4) ルノワール
「西洋絵画の巨匠 (4) ルノワール」
 [大型本]
 著者:賀川 恭子
 出版:小学館
 発売日:2006-05
もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
「もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)」
 [単行本]
 著者:島田 紀夫
 出版:東京美術
 発売日:2009-12
ルノワール―生命の讃歌 (「知の再発見」双書)
「ルノワール―生命の讃歌 (「知の再発見」双書)」
 [単行本]
 著者:アンヌ ディステル
 出版:創元社
 発売日:1996-03

オーギュスト・ルノワールに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 00:00 | Comment(0) | オーギュスト・ルノワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。