2012年06月12日

「ダンスU」 アンリ・マティス

ダンスU アンリ・マティス

アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)は、野獣派(フォーヴィスム)を代表するフランスの画家。「色彩の魔術師」と呼ばれました。

1909年に描かれた「ダンスU」はそんなマティスの代表作。

余計な物を排除した構成、単純化された色彩と線が、ダンスの根源を指し示しているように感じます。

彼らは一心不乱に踊り、各々の体躯を自由に弄びます。互いの手が鎖のように絡み合い、大きな輪が上下に振動します。

そこからは愉快な音楽は聞こえません。

「ダンスはもっと深刻で、もっと厳粛で、もっと凄惨なものである。」

何となくこの絵はそのようなことを物語っているように感じられます。

dance2_s.jpg

マティス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
「マティス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)」
 [単行本]
 著者:フォルクマール・エッサース
 出版:タッシェン
 発売日:2001-04-18
マティス―色彩の交響楽 (「知の再発見」双書)
「マティス―色彩の交響楽 (「知の再発見」双書)」
 [単行本]
 著者:グザヴィエ ジラール
 出版:創元社
 発売日:1995-06
マティスとピカソ―芸術家の友情
「マティスとピカソ―芸術家の友情」
 [単行本]
 著者:フランソワーズ ジロー
 出版:河出書房新社
 発売日:1993-02

アンリ・マティスに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 10:56 | Comment(0) | アンリ・マティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。