2012年02月27日

「ヌーダ・ヴェリタス」 グスタフ・クリムト

ヌーダ・ヴェリタス グスタフ・クリムト


グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年7月14日 - 1918年2月6日)は黄金色を多用した豪華で装飾的な画風で19世紀末のウィーンを席巻したオーストリアの画家。

1897年、クリムトは象徴主義を掲げたウィーン分離派の初代総統に就任します。

そしてその2年後となる1899年の分離派展で公開されたのがこの「ヌーダ・ヴェリタス」(nuda veritas)。直訳すると「裸の真実」という意味になります。

絵の上部に銘文として掲げられているのが「おまえの行動と作品が万人に愛されることがかなわないのなら、少数の人間を満足させよ。多くの人間に愛されるものはろくでもないものだ」というシラーの言葉。

エジプトの女神「イシス」がモデルと思われる裸の女性は、真理を照らす鏡(水晶)を持ちながら、挑発的な表情で見るものを強く見据えます。

この絵は旧来の古いアカデミズムを否定する分離派としての姿勢を強硬に示した決意表明のようなものなのでしょう。

ただこの絵はそういった歴史的背景を無視しても素晴らしい名作と言えるのではないでしょうか。

素足に絡みつく大罪と嫉妬の象徴とされる蛇や、精子を思わす白い蒲公英。裸体の上背景に描かれた幾何学的な模様。そして下背景に描かれた明るくも調和していない形而上学的な模様。

こういった様々な要素が相俟って、この「ヌーダ・ヴェリタス」には何とも言えない神秘が流れているように思うのです。

グスタフ・クリムト (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
「グスタフ・クリムト (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:ジル ネレー
 出版:タッシェンジャパン
 発売日:2000-11-01
グスタフ・クリムト―女たちを描いた画家 (岩波アート・ライブラリー)
「グスタフ・クリムト―女たちを描いた画家 (岩波アート・ライブラリー)」
 [大型本]
 著者:ズザンナ パルチュ
 出版:岩波書店
 発売日:2009-09-18
グスタフ・クリムト―素描と絵画
「グスタフ・クリムト―素描と絵画」
 [大型本]
 著者:クリスティアン・M. ネベハイ
 出版:岩崎芸術社
 発売日:1999-01

グスタフ・クリムトに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 23:52 | Comment(0) | グスタフ・クリムト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。