2011年12月13日

「Concerto」 フェリーチェ・カゾラーティ

Concerto フェリーチェ・カゾラーティ

フェリーチェ・カゾラーティ(Felice Casorati:1883年12月4日 - 1963年3月1日)は象徴主義に分類されるイタリアの画家。

元々は自然主義的な作品を制作していましたが、グスタフ・クリムトの影響で、カゾラーティはより幻想的な絵を描くようになりました。

Concerto(日本語でコンサート)は1924年の作品。

こちらの絵も「Meriggio」同様に日常を描いた作品ですが、抽象化されたその世界はまるで時が止まっているかのようにも感じられます。

女も無表情で、音楽を愉しんでいるようには見えません。

そもそも凝固されたこの空間において、裸の女が奏でるギターが音を響かせるのでしょうか?いずれにせよ人々がこの絵に引き寄せられるのはこの絵がもつ非日常性にあるのでしょう。

歴史家で美術批評家の R.ジョッリがカゾラーティについて「カゾラーティの作品において、体積は質量を持たず、色は実態を持たない。全て架空のもので、生活は生命を欠いている。太陽もまるで月のようだ。何も固定されず、定義されない。これらの特性が彼の作品を特別なものとし、彼を形而上的画家とする」と評したのも十分に分かる気がします。

世紀末の夢―象徴派芸術
「世紀末の夢―象徴派芸術」
 [単行本]
 著者:フィリップ ジュリアン
 出版:白水社
 発売日:2004-04

フェリーチェ・カゾラーティに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 17:27 | Comment(0) | フェリーチェ・カゾラーティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。