2011年06月20日

「テピダリウム」 ローレンス・アルマ=タデマ

テピダリウム ローレンス・アルマ=タデマ

ローレンス・アルマ=タデマ(Lawrence Alma-Tadema, 1836年1月8日 - 1912年6月25日)はラファエル前派に分類されるイギリスのの画家。

この「テピダリウム」は1881年の作品。

テピダリウムとは、古代ローマの公衆浴場にあった微温浴室のこと。アルマ=タデマは古代ローマや古代ギリシアを舞台にたくさんの作品を描きましたが、この「テピダリウム」もその中の1つになります。

作品の中ではしどけない姿をした若い女性が気だるげに横になっています。女はただその公衆浴場の温もりに恍惚としているだけですが、その様からはえも言われぬほどの官能が匂い立ちます。性描写がない中でこれほどのエロスを感じるのは倦怠が持つ退廃的な官能の力のせいでしょうか。

いずれにせよこの絵が持つ官能性は同時代に描かれたマネの「オランピア」「草上の昼食」の比ではないように思います。

しかし「オランピア」「草上の昼食」がその直接的な裸体表現で囂々たる批判を受けたのに対し、この「テピダリウム」は何の非難も受けませんでした。

マネの作品が日常の中の裸体を描いたのに対し、アルマ=タデマの作品は古代ローマを舞台にしていたため非難の対象とならなかったのです。

Lawrence Alma-Tadema
「Lawrence Alma-Tadema」
 [ペーパーバック]
 著者:Rosemary J. Barrow
 出版:Phaidon Press
 発売日:2003-10-01



ローレンス・アルマ=タデマに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 16:22 | Comment(0) | ローレンス・アルマ=タデマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。