2009年10月07日

「ラ・フォルナリーナ」 ラファエロ・サンティ

ラ・フォルナリーナ ラファエロ・サンティ

ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi, 1483年4月6日 - 1520年4月6日)は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスを代表する画家、建築家。


ラ・フォルナリーナ(若い婦人の肖像)は1518-1519年に描かれた作品です。

この作品のモデルとなったのはパン屋の娘マルゲリータ・ルーティ。

彼女はラファエロの恋人でしたが、二人は一緒になることはありませんでした。枢機卿の姪との結婚話があったラファエロはルーティとの結婚を決断することはできなかったのです。

枢機卿の姪との縁談が、枢機卿の姪の死で破談になった後も、宮廷画家としての立場や枢機卿への配慮から結局フォルナリーナと結ばれることはありませんでした。


しかし、この絵で彼女がはめている腕輪には「ウルビーノのラファエロ」という意味深な言葉が書き込まれています。また彼女の左手の薬指には結婚指輪が嵌められています

下絵のみを描いて、後は助手達に任せることの多かったラファエロもこの画は最後まで自分で描きました。またラファエロはこの作品を大切にし、終生自分の手元に残していたということです。

この作品はラファエロの彼女への愛が本物であったことを示しているのではないでしょうか。

ラファエロ (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)
「ラファエロ (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:クリストフ・テーネス
 出版:タッシェン
 発売日:2006-09-25
ラファエッロ―幸福の絵画 (平凡社ライブラリー)
「ラファエッロ―幸福の絵画 (平凡社ライブラリー)」
 [新書]
 著者:アンリ フォシヨン
 出版:平凡社
 発売日:2001-10


ラファエロ・サンティに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 01:03 | Comment(0) | ラファエロ・サンティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。