2009年09月13日

「ニンフとサテュロス」 ウィリアム・アドルフ・ブグロー

ニンフとサテュロス ウィリアム・アドルフ・ブグロー

ウィリアム・アドルフ・ブグロー(William Adolphe Bouguereau, 1825〜1905)は19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家。

アングルなどの新古典主義の流れを汲み、キリスト教、神話、文学などを題材にし、天使や少女などの絵を多く残しました。

フランス美術アカデミー会長として、当時流行した印象派(セザンヌ、ルノワール等)の作品をサロン出品から次々と落選させたことにより、旧態依然とした保守的な人物として語られることも多いようです。


「ニンフとサテュロス」では半人半獣の精霊サテュロスがニンフたちと戯れている様子が描かれています。

この絵で目を引くのはニンフたちの妖艶さ。肌は光のように白く、腰からお尻にかけての曲線の美しさも喩えようがないほどです。

「ニンフとサテュロス」は1873年に描かれた作品ですが、たしかに作風だけを見ると18世紀とか19世紀前半に描かれた作品との印象を受けます。

ただこの絵に瀰漫する官能的な美しさには「旧式」だとか「時代遅れ」などの評価を忘れさせるだけの魅力があるように感じられます。

ウィリアム・ブグローの生涯
「ウィリアム・ブグローの生涯」
 [単行本]
 著者:マリウス ヴァション
 出版:東洋出版
 発売日:2001-05
ウィリアム・ブグロー発見への旅
「ウィリアム・ブグロー発見への旅」
 [単行本]
 著者:米永 輝彦
 出版:新風舎
 発売日:2005-09
Bouguereau
「Bouguereau」(ブグロー画集)
 [ペーパーバック]
 著者:Fronia E. Wissman
 出版:Pomegranate
 発売日:1996-04


ウィリアム・アドルフ・ブグローに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 20:59 | Comment(0) | ウィリアム・アドルフ・ブグロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。