2009年07月13日

「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」 ポール・ゴーギャン

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか ポール・ゴーギャン

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年〜 1903年)は、ポスト印象派を代表するフランスの画家です。

1897年〜1898年にかけて描かれた『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』はゴーギャンが遺書として描いた画家の集大成とも言える作品です。


「これまでに描いたすべてのものよりすぐれているばかりか、今後これよりすぐれているものも、これと同様のものも決して描くことはできまいと信じている。」

この作品についてゴーギャンは上記のように語りました。この言葉にあるように、この作品の中にはゴーギャンの人生観が一つの物語のように展開されています。


『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』という題名を表すかのように、この絵の画面右には「産まれたばかりの赤子」、画面左には「死を前にした老婆」と人間の一生が表現されています。

また生涯を賭けた大作に相応しく、ゴーギャンが頻繁に取り上げた「禁断の果実を取るエヴァ」や「月の神ヒナ」、「水浴する女性たち」といったテーマも描かれいます。


この作品を描いた時、ゴーギャンはこの絵を最愛の娘アリーヌの死という絶望の中にいました。

この作品からはゴーギャンが「人の一生」を苦悩と悲嘆に満ちた絶望的なものとして捉え、深い諦観の中に浸っている様子が窺えます。

そしてこの絵の完成後、全てを成し終えたゴーギャンは砒素を呷り自殺を謀ることになるのです。(未遂に終わる)

ゴーギャン (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシックアートシリーズ)
「ゴーギャン (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシックアートシリーズ)」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:インゴ・F・ヴァルター
 出版:タッシェン
 発売日:2001-09-12


ポール・ゴーギャンに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 00:58 | Comment(0) | ポール・ゴーギャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。