2009年06月19日

「桃色の裸婦」 アンリ・マティス

桃色の裸婦 アンリ・マティス

アンリ・マティス(1869年〜1954年)は、野獣派(フォーヴィスム)を代表するフランスの画家です。

とはいえマティスがフォーヴィスムとして活動していたのは1905年からわずか3年しかなく、その後は落ち着いた絵を描くようになりました。


マティスは語ります。

「私は人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたいのです」

「私が夢見るのは人の心を乱し、気を滅入らせるような主題のない、調和のとれた、純粋で静謐な芸術です」


「桃色の裸婦」はマティスがフォーヴィズムとしての活動を止めて25年以上経った1935年に描かれました

この絵の中には、マティスの目指した安穏と平和が充溢しているように思います。

マティス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
「マティス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)」
 [単行本]
 著者:フォルクマール・エッサース
 出版:タッシェン
 発売日:2001-04-18
マティス―色彩の交響楽 (「知の再発見」双書)
「マティス―色彩の交響楽 (「知の再発見」双書)」
 [単行本]
 著者:グザヴィエ ジラール
 出版:創元社
 発売日:1995-06
マティスとピカソ―芸術家の友情
「マティスとピカソ―芸術家の友情」
 [単行本]
 著者:フランソワーズ ジロー
 出版:河出書房新社
 発売日:1993-02


アンリ・マティスに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 00:31 | Comment(0) | アンリ・マティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。