2009年06月03日

「グランドオダリスク」 ドミニク・アングル

グランドオダリスク ドミニク・アングル

ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(1780〜1867)は新古典主義を代表するフランスの画家。

ドラクロアの「色彩」に対し、アングルは「線」を特色とします。


そのアングルが34歳の時に描いた代表作が『グランド・オダリスク』。オダリスクとはは後宮の女官を意味します。

この絵が発表された際、調和や均衡を重んじた批評家たちは「背骨の椎骨が普通の人間より3本ほど多い」などとこの絵を批判したそうです。

確かにこの絵の中の女性は背中も腕も異様に長く描かれています。


しかし、アングルは写実的な描画には興味がなかったのでしょう。画家は自らの理想とする女性美を描き出そうとします。

丸みを帯びた曲線が描き出す女性の背中や腕からは艶やかな官能が匂い立ります。挑発的にも取れるその姿態は、まるで女豹のよう。

アングルは語ります。「芸術は今革新を必要としている。私は革命家になりたい」と。

そして、この絵はピカソやマティスなど後世の画家たちに大きな影響を与える事になるのです。

アングル (ニューベーシック)
「アングル (ニューベーシック)」
 [単行本(ソフトカバー)]
 著者:カリン・H・グルメ
 出版:タッシェン
 発売日:2008-07-18
アングル (世界の巨匠シリーズ)
「アングル (世界の巨匠シリーズ)」
 [大型本]
 著者:ロバート・ローセンブラム
 出版:美術出版社
 発売日:1970-03


ドミニク・アングルに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 00:11 | Comment(0) | ドミニク・アングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。