2009年05月14日

「横たわる裸婦」 アルマン・ギヨマン

横たわる裸婦 アルマン・ギヨマン


「横たわる裸婦」はフランスの印象派画家アルマン・ギヨマンの1877年の作品です。

ギヨマンは第1回の印象派展に参加しているにもかかわらず、1927年まで生きたため印象派最後の画家と言われています。

その作品はパリやその近郊を描いた風景画が多いのですが、この作品は裸婦が描かれた珍しい作品です。

ベッドに横たわる上半身をはだけた女性は右手に日本製とおぼしき団扇を手にしています。

ゴッホ、モネ、ルノワール、セザンヌをはじめ当時の印象派の画家たちは浮世絵など日本の影響を大きく受けましたが、このギヨマンも例外ではないようです。

印象派の絵画 (アート・ライブラリー)
「印象派の絵画 (アート・ライブラリー)」
 [大型本]
 著者:マーク パウエル=ジョーンズ
 出版:西村書店
 発売日:2001-04
すぐわかる 画家別 印象派絵画の見かた
「すぐわかる 画家別 印象派絵画の見かた」
 [単行本]
 出版:東京美術
 発売日:2007-01


アルマン・ギヨマンに関する全記事を読む



posted by 裸の人 at 01:51 | Comment(0) | アルマン・ギヨマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。